ぬく森接骨院 052-351-0855

受付時間

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 下半身になどに痛みやしびれがある。
  • 足を動かしたり、腰を前後に動かした際に痛みやしびれが強くなる。
  • 歩行中、立っている際に痛みやしびれがある。
  • 座っている際に痛みやしびれが起きる。
  • 長時間座っているとつらい

どうして坐骨神経痛になるの?|ぬく森接骨院

坐骨神経痛は様々な原因や疾患で現れる症状のことをいいます。

考えられる原因

重いもの持ち上げた、スポーツ、肉体労働、外傷、加齢による退行性変性、日常の姿勢バランスの悪さなど

疾患

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎分離すべり症、変性脊椎すべり症、梨状筋症候群など

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫されたり、刺激を受けることで現れる痛みやしびれ症状のことです。

多くの場合腰痛に引き続きお尻や後ろのふともも、すね、足先などに痛み、しびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

坐骨神経痛となる疾患として、脊椎分離はスポーツ活動の多い10歳代に多く、腰椎椎間板ヘルニアは20~40歳代に多い。脊柱管狭窄症(変性脊椎すべり症)は中高年者に多いという傾向にあります。

上記にも記載した通り様々な疾患からくる症状です。

特に椎間板ヘルニアと梨状筋症候群は症状が似ていますので、このような症状がありましたら、問診をして原因をみつけそれに対してアプローチをしていく事が大事です。

当院ではこの症状に対してどのように治療を行っていきますか?|ぬく森接骨院

当院では坐骨神経痛に対して丁寧な問診を行い、姿勢バランス、歩行分析、筋肉の状態を検査して一人一人の原因を突き止めそこに対して治療プログラムを作っていきます。

痛みが強く症状が強い方にはまず、患部に冷罨法を行い、患部の炎症を抑え鎮痛や鎮静の効果をもたらします。

同時にハイボルテージ療法で痛みを鎮痛し、微弱電流機器で痛めた箇所の回復を促進します。

ハイボルテージとは?

筋刺激によるPNF(固有受容性神経筋促通法)を行うマッサージにより、固くなった筋肉を改善し、また弱くなった筋肉を改善する効果がある。

微弱電流(ソーマダイン)とは?

実はお体の細胞はアデノシン三燐酸(ATP)とういう物質をエネルギーにして活動していますが、怪我等の原因で細胞が傷つくと細胞が回復するためにアデノシン三燐酸(ATP)がたくさん必要となり、体の中のアデノシン三燐酸(ATP)が不足した状態になってしまいます。

そこでソーマダイン微弱電流を使い、体の中のアデノシン三燐酸量を通常より500倍の量を作ることができるようにします。

こうして細胞の回復のために必要なエネルギーを豊富に蓄えることで細胞の回復を早め、結果的に怪我などの不調部分の回復を行っていきます。

姿勢バランスを正しい状態に

次に、ある程度症状が緩和し痛みが和らいできた方には手技により筋肉調整を行い全身の筋肉バランスを調整し骨盤矯正などの姿勢バランスがとりやすい状態にします。

そうして体を治りやすい体に整えた状態で骨盤矯正を行い崩れた姿勢(骨盤の高さや機能的脚長差、脊柱後湾など)を正しい姿勢に戻して行きます。

正しい姿勢に戻すことで、今までかかっていた、ぎっくり腰の発生原因となる負荷を無くす事が出来るため、坐骨神経痛を改善に導くことが可能です。

中川区で坐骨神経痛にお困りの方は是非、当院へお越し下さい。

お問い合わせ・ご予約

ぬく森接骨院

052-351-0855

住所
愛知県名古屋市中川区荒子1丁目182グランリーオ1階 東側
アクセス
東山線高畑駅より徒歩6分。
あおなみ線荒子駅より徒歩2分。どちらの駅も使えます!

受付時間

Copyright © ぬく森接骨院 all rights reserved.